LIVE

MAPLE | image3 300x300 LIVE

 

先週土曜日のLIVEは

topaz
高畑ひらく
THE CHESS

のみなさんでした。

THE CHESSの音の細密さを感じて
歌とギターとベースがひとつになるような、ひとつの楽器のように聞こえるというか
一体感というのだろうか
素晴らしかった
MAPLE | image2 300x300 LIVE

日曜日のLIVEは
いつの間にか定番となったココロネさんたちによる企画LIVE

村上 通
小野一樹
ココロネ
の3組のLIVEでした

今回はよくLIVEやってもらっている小野一樹くんも加わって、次の日誕生日だった村上通くんのサプライズバースデーがあったり、ココロネさんを通じて毎回いらしてくださる方々や県外からもお客様がいらしてくださったり
応援しているご両親がいらしたり、
皆さんに見守られているLIVEは本当に温かくて、ちょっと疲れ気味だった私は癒されてしまいました。

音楽は素晴らしいですね。

 

 

AIZU COFFEE TIME2016

MAPLE | image1 300x225 AIZU COFFEE TIME2016

AIZU COFFEE TIME2016
天気にも恵まれて、最高の一日となりました。
ありがとうございました。

コーヒーを淹れたり飲んだりする行為が、人を癒し、自分も癒して、こんなにも楽しいんだなぁ、と、今更ながらにしみじみ実感することができました。

企画者MOTOcoffeeさんはじめ、はじまりの美術館スタッフの皆さん、出店の皆様、お世話になりました、ありがとうございました。
そして今回残念ながら嬉しい事情で参加できなかったギャラリーひと粒店主詩織さん、旦那様のカフェ ジーママ五十嵐さん、素敵なイベントにお誘い頂いて本当にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げますm(__)m

リース

MAPLE | image7 225x300 リース

 

気がつく人が少なかった天井から吊るされていた大きなリース

もう2年も経ってた

 

価値。一蹴できるものであったりただただ崇拝したり

誰かの心に根をおろすただ一つのものだ

 

この写真のリースは純粋でかわいい。素直な少女のよう

 

 

浅はかな棘

今日は4/25

まだお店は再開していないけれど

ある意味新しく変わる地点

感謝と尊敬

日々そばにあるものなのに

ここ1年近く一緒にいてあまりよく見ていなかったかもしれないけど

いつも存在は感じていたし

一部だったと思う。

今日はそれがなくなる日だから

きちんとお礼とお別れの言葉を言おう。声に出さないけど。

思えば、それって最高なことだ。

もっともっと優しくすればよかったな

 

 

アイビー

MAPLE | image6 300x224 アイビー

4月はずっとお店を閉めて

イベントに出店したりお店でのイベントやLIVEの時だけopenという形で過ごしました。

 

あともう少しで4月も終わります。

 

そろそろopen

5/1より

open時間が変更になります。

14:00open

22:00close

月曜・第3火曜 定休

となります。

よろしくお願い致します。

 

 

 

ドーナツ

MAPLE | image10 300x300 ドーナツ

ドーナツをほぼ毎日作って(もちろんお休みもありますが)

しみじみ思う。

大きな広い厨房が欲しい。

最初はこの狭さでは無理ではないかと思って、でもできるかもと考え直し、

申請し、なんとか今まで来たけれど、

贅沢は言えないのは自分が一番わかってるけど

広い厨房

やすい家賃

駐車場付き

ならば少しくらい不便な場所でもあればそちらに行きたい。

本音。

 

でもしかし、今のこのお店に詰まった想い出は深い。

何より桑野が好きだ。

築30年は越えるこに小さなお店。

まだまだここでお世話にはなるから、もっともっと楽しいことここで

たくさんしよう。

 

あ、ドーナツの話じゃなくなった。

 

ドーナツの円と人との縁

これにつきる。

 

キクチ食堂

MAPLE | image6 300x300 キクチ食堂

キクチ食堂からひと月以上経って、なぜキクチ食堂をしたのかと質問されて答えはしたけれども、、。今頃だけれどキクチ食堂のことを書いておこう。本当は終わってすぐにでも書こうかと思っていたけれど、ひとつひとつのことをエネルギーを持って書くには時間も体力もなかった。

だからここではfacebookではあまり触れていないことを。

キクチ食堂をやろうと思ってまず最初に声をかけたのは小松理虔さんでした。彼の鋭さ面白さ分かり易さかっこよさが私にとってはキラキラ見えてそれが一児の父となってからはどんどん加速度的に磨きがかかっていって、本当に素敵な方だなと思って見ていました。

当日は何かをしたいなと漠然と思っているみんなの気持ちに具体的な道筋を示してくれました。実際に会って近くで声を聞くということがこんなに刺激をもたらすのだと後になってその場にいたお客様から話を聞いて実感することに。

私もやってみたいことあるけどなかなかできない。背中押されたという感想がとても多かったです。そこにいる人しか味わえない感想、感触。

キーワードはまさに”そこにいる人だけ”というところ。

小松理虔さんと一緒に小名浜でUDOK.を主宰しているtttttanさんにも

同時にオファーをとりつけました。

なぜキクチ食堂をしたのかというはなしになってませんがこの時点ではまだはっきりしないのでまだだらだらと書きき連ねます。

tttttanさんは昨年お店で開催したキクチ食堂桑野三丁目に参加頂いていて、他にも幾度かライブドローイングを見させて頂いていて、それはもう素晴らしく、私はただただそれを見たいという思いから、オファーしました。

二人ともいわきの宝物ではないでしょうか。。

また機会あれば郡山にお呼びしたい。ちなみにtttttanさんは11月にMAPLEで個展を開催予定です。

 

そしてあの日、会場にいる皆さんの目を釘付けにしたのはなんといってもハヤシラボさんとアベマンセイさんでした。

彼らの舞台はなんと心地よく夢の中にいるようでした。

音楽と植物と演奏する人と活ける人。植物が先なのか音楽が追いかけるのか、、あの雰囲気はあの時だけのもので唯一無二なものです。

今思い出してもなんとも素晴らしかった。

お二人とも日頃からお世話になっていて、マンセイさんにはよくお店でLIVEをして頂いていて、特にハヤシラボさんにはお店の装飾をはじめ様々なところで助けて頂いています。

彼がパフォーマンスをしたい、人に花を活けたいと言った時から、もうこのイベントは彼の色に染まるだろう、と思っていました。大げさではなく。

でも情けないことに、段取りなどはほぼお任せでした。

富や蔵会場に出向いて実際にどうなるのか、そこでもたくさんのアドバイスをもらいました。あの日会場にでむかなければどうなっていたことかというくらいに私は自分からは何もしませんでした。無理をして頑張るとよいものができないような気がしてました。でも今思えば何もしなさすぎだったかもしれません。。

イベントが終わって、そこにいた人しかわかりえない感触、感想はひとそれぞれにあると思います。LIVEはまさに会場にいる皆さんも含めての雰囲気となります。ひとそれぞれにそれぞれの記憶の端っこにキクチ食堂がもしあればそれほど幸せなことはありません。

 

そしてなぜキクチ食堂をしたのかという質問をくれた方へ。

それはその質問をくれた人のためです。最初から。

私は自分のためと人のためはイコールです。そしてそれがよりいい空間を生み出します。映像、ダンス、音楽、パフォーマンス、物販、飲食、、その人たちにその時その場所で、できるだけ良い空間を用意することが仕事なのだと思います。課題多いですが。

なぜ今までキクチ食堂のまとめを書けなかったのか、不思議ですが、書くことができて(今頃)けじめをやっとつけることができました。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

ネピア

鳥の声をききながらのブログ書き

早起きの日曜日

 

キクチ食堂を久しぶりに大きなところでやるけれど

集客のことやら採算のことやら全く自信がない。

だけど、そうゆうことが全く気にならないのだ、大丈夫だろうか

とにかくたくさんの方にいらして欲しい。

キクチ食堂は6/6富や蔵にて開催されます!

 

キクチ食堂をきっかけに、突如として猛烈に

音楽をもっともっとと思う。

何も詳しくないけど、だからこそ無責任に楽しめる

 

お店の中は森のようにドライの植物があるけれど

音楽と人間、音と人間と植物の関係性をもっと考えてみたい

 

ある人が音楽と絵を描くことは同じと気づいて救われたと言っていたけど、その感覚を私は味わえるかわからないけれど、音楽と植物も同じだろうとその話を聞きながら思った。

理由はわからないけど、脳のしくみというより人間の本質な気がする

 

朝にこんなさわやかなブログが書けてしあわせだ。

 

 

安曇野

いろいろなことを忘れる

忘れっぽい

昔から暗記能力が低い

 

歌を覚えられないけど

気に入って毎日毎日聴いたとしたら

ある日歌おうともしていないのにスラスラと歌えたりする。

でもその時だけ。また歌えなくなる

バカなだけか、、

 

常にカラ

 

確かに。。

そうか、、

 

ということはまぁ、なんかいいな

 

今日生きてることも今日のはじまりも

根拠のないゼロからのこと

 

バカかぁ。

 

 

 

 

朝方のテイル

朝からくるりを聴いている

このごろよく聴いている

みんながいいよというのがわかるな、なんだか慰められる

人は一人ではなかなか大変だ

一人でできているなんて思ってないけど

誰かと一緒になんて思ってないけど

だけどいつも救ってくれるのは人だ

それも思いもよらないひとだったりする

朝は一気にいろんな感情が押し寄せてつらいときがある

今朝はそんな気持ちをほぐしてくれるメールがあった

別に優しい言葉があるわけでもなく

頼んだ面倒なことをなんなくやってくれて

その返信があっただけのこと

 

そんなことにホッとして朝から自分を立て直すことができた

 

こんなこと書くとへー、暗いとか思われそうだけれど

基本はネガティブ

うむ。